食べながら運動をして血糖値をコントロールすることも大切

血糖値を下げるためには運動療法が有効だということを良く耳にします。

それは、筋肉を使うことによって、細胞の中にあるブドウ糖を消費することができるからです。

また、血液の中にあるブドウ糖が筋肉にある細胞に入っていくことにもなるので、血液中のブドウ糖が減って血糖値を下げることにもつながっています。

インスリンと血糖値の関係

血液の中にブドウ糖が多くなり過ぎる理由に、インスリンが正常にな働きをしていないことや、不足しているということなどがあります。

そのインスリンが不足したりすると細胞の中にブドウ糖を入れることができないので、血液の中でブドウ糖が過多になっているという状態になっていて、血糖値が高くなっているのです。

運動の有効性

細胞の中にブドウ糖を入れる役目があるインスリンの働きが悪くなると、血糖値が上がります。

ですが、運動をするとインスリンの働きが改善されて、正常な働きをするということがわかっています。

また、有効な運動によって肝臓などに貯蔵されているグリコーゲンが消費されてしまいます。

その消費されたものを血液の中にあるブドウ糖が補うので血糖値が下がるということもあるのです。

血液の中にあるブドウ糖を筋肉などの細胞に入れると血糖値が下がることが考えられ、筋肉の量を増やすと細胞の数が増えるので血糖値を下げることにもつながるということになります。

また、血糖値を気にするあまり食事の量を減らし過ぎると筋肉の量が減ってしまうことがあります。

そうなるとブドウ糖を入れる細胞が少なくなってしまうので、血糖値が上がりやすくなるということもあるのです。

血糖値をコントロールしていくには

すべての人に対してではないのですが、一般的に血糖値をコントロールしていくためには、運動を行ってインスリンの働きを良くしていくという方法が考えられます。

また、運動によって細胞の中にあるブドウ糖を消費していくという方法もあります。

さらに、運動によって筋肉の量を増やして、消費できるブドウ糖を増やすということもあります。

その筋肉の量を増やすためにバランスの良い食事を取るということがとても大切にものとなってくるのです。

ですから、血糖値を下げようとして食事を制限することばかり考えていると、逆に筋肉の量を減らしてしまって悪い結果を招くことになってしまう可能性もあるのです。

そのため、自分のことを良く知っている自分が、運動に筋肉、食事の量といったものの関係をよく把握して、朝の血糖値を下げることが望まれるのです。