おしりのニキビが出来た時の注意点

ニキビと言うとおでこを中心とした顔に出来るものと思う方もいるかも知れませんが、お尻に出来てしまう事もあります。

お尻も、結構な量の皮脂が分泌されているために、皮脂や角質で毛穴が詰まったりしてニキビが出来てしまう事があります。

お尻は、普段は下着や服で覆われているために、とっても蒸れやすい部分です。

また座ったりして圧迫されたり、下着や服でこすれて皮膚にダメージが及びやすい部分であるため、お尻にニキビが出来やすい人は、なるべく圧迫されないような楽な下着にしたり、スキニージーンズのようなぴったりとした洋服は控える事も大切です。

さらに、日頃から角質がたまらないようにする事も大切。

シャワーだけですませないで、ぬるめのお湯につかる事でも毛穴のヨゴレを落としやすい効果もあります。

また、ボディーソープのすすぎ残しもニキビを中心とした肌あれの原因になるために、ボディーソープで洗ったらしっかりとすすぎましょう。

入浴後は化粧水などでしっかり保湿する事もお忘れなく。

ちなみに、お尻のニキビと似たもので、粉瘤という皮膚病があります。

粉瘤はニキビと似ているんですが、大きな違いは強い痛みがある事です。

角質などが毛穴にたまり、細菌感染を起こすと赤く腫れ上がっていき、症状がさらに進むと膿みが溜まっていきます。

こうなる頃には、ニキビというよりも小さい腫瘍のようにふくれあがっていきます。

またお尻に粉瘤が出来ると座るたびに激痛が走り日常生活にも支障が出る事があります。

中の膿みを出せば腫れも治まり痛みも消えていきます。

粉瘤で腫れがひどい時は、すぐに皮膚科で治療を受けましょう。

ちなみに、粉瘤は一度出来ると、治ってもまた同じところに出来るので注意が必要です。

粉瘤を根本治療するには、中にある袋を取り除く事が必要です。

このようにお尻のニキビと言っても、粉瘤のように厄介なケースもあるために、少しでも異常を感じたら自己判断せずに悪化する前に皮膚科に相談する事が大切です。お尻の黒ずみ.jpなども参考にしてみるといいでしょう。