簡単に二重まぶたになれちゃう方法

テレビの中や雑誌の中の女の子は大きな目をしている子が多いのです。

そんな可愛い女の子をよく見ると、クッキリ二重まぶたなんですよね。

最近は一重の切れ長の目をした美人な女優さんも見かけますが、若い女の子なら二重に憧れることが多いはず。

私自身も奥二重なのでクッキリ二重には憧れました。

重たい一重に悩む女の子も少くはないはずです。

しかし今の世の中、目の上に一本線を増やすくらい簡単な事なのです。

二重にする方法は何種類もあります。

メイクによる二重作り・テープ、紐

まず最初にテープによる二重まぶた作りです。

やり方は、目の長さくらいの細い透明の二重専用テープを、二重にするまぶたの部分に貼ります。

そのテープの上にY型の二重作りのメイク道具を当てます。

そのまま目を開けば出来上がりです。

しかし、経験上このテープは重いまぶたには意味がありません。

持続力がありません。

アイシャドウやアイライナーをぬりすぎると取れやすくなります。

次に紐による二重まぶた作りです。

二重まぶた作り用の紐が売っています。

商品名はアイテープになってる場合が多いですが、実際は紐です。

商品をあけてみると、2センチほどのプラスチックの棒のようなものが入っています。

それを両方から引っ張ると、ナイロンの紐になるのです。

この紐を両手で持ったまま、まぶたの二重にしたい部分にピンっと貼るように当てます。

そのまま目を開くと二重まぶたの出来上がりです。

仕上げに紐のはしの余った部分をハサミで切りとります。

これはうまく行けばかなり自然できれいな二重まぶたになります。

ただ慣れるまでが難しいです。

あとやはりテープ同様、取れてしまう可能性は捨てきれません。

メイクによる二重まぶた作り・アイプチ

一番のオススメはアイプチです。

アイプチの種類はテープや紐よりかなりあります。

2000円から100円まで様々ですが、持続力が高いアイプチは値段じゃなくて商品次第です。

私はアイプチ歴15年ですが、高いのから安いのまで恐らく15種類は試してきました。

学生の頃は特に種類を試してきましたし、アイプチを使う女の子も多かったので情報交換したりもしてきました。

昔お気に入りだったの1200円したアイプチは売らなくなってしまい、今使ってるのはクチコミで聞いた600円ほどの安いものです。

ですが泣いても落ちずらかったりしますし、よっぽど号泣しなければ余裕で1日持ちます。

ご自身にあったアイプチを探すのも大切です。

アイプチのやり方は、中に入っているアイプチの液をまぶたに塗ります。

乾いたらY型のメイク道具を当てて目を開けるだけです。

二重線が気になるなら、Y型のメイク道具で整えます。

美容整形による二重まぶた作り

最近はお値段はもお手頃になってきましたし、二重整形くらいならプチ整形に入るくらいに、身近なものになってきました。

メイクでいちいち二重まぶたを作るのが面倒な方は思い切って美容整形で二重まぶたにしてしまうのも良いかもしれません。

普段からメイクで二重にいていたのなら、いざ美容整形で二重まぶたにしてしまっても周囲にバレなくて済むかも知れませんね。

様々な二重まぶたにする方法があります。

値段も方法も、自分にあったやり方を選んで憧れのクッキリ二重を実現してみましょう。