海水浴に行くならば、持っていくべきものとは?

夏になると海水浴に行きたくなりますよね。

暑い夏に海は欠かせません。

水着や浮き輪を持っていくのは当たり前ですが、他にどんなものを持っていけば良いの?どんな物があると便利?という人のために、海水浴に持っていくべき物をピックアップしました。

パラソル

海水浴に行ったら、必ず必要なものです。

パラソルを持っていかなければ、日影がないビーチの中でずっと直射日光を浴び続けなければいけません。

パラソルはビーチで借りる事もできますが、レンタル料金が高いです。

一回だけレンタルするならばまだしも毎年のように海に行ったり、年に何回か海に行くならばあった方が良いアイテムです。

パラソルは、夏が終わりになると安売りを始めます。

そのため、セール時期を見計らって買えばお得に手に入ります。

イス

海水浴に行く時にあれば便利なのがイスです。

折り畳み式のイスならば、持っていく時にかさばりません。

イスがなくてもビーチにレジャーシートを引けば良いのですが、それだと砂が暑いです。

しかも、レジャーシートの上に砂が乗ってしまって体が砂だらけになる事もあります。

イスがあった方が座れるので楽です。

また、レジャーシートに寝転ぶとパラソルで日影ができなかった部分に体を置いてしまう場合がありますが、イスならばパラソルに体が隠れやすいです。

保冷バッグ

これは冷たい飲み物が飲みたい人には超重要です。

ビーチの上で寝転んだりなど休憩すると、冷たい飲み物が欲しくなりますよね。

また、冷たい飲み物を売店で購入したのに、夏の暑さで生ぬるい飲み物になりやすくなります。

保冷バッグの中に保冷剤をいれておけば、飲み物を冷たいままキープできます。

炭酸系ドリンクやビールを冷えたままキープできるので便利です。

化粧水

化粧水を海水浴に持っていかないという人がたくさんいます。

日焼けしても、家に帰ってローションを塗ればいいかと考えていませんか?日焼けするとヒリヒリして、皮膚が水分を欲しがります。

それを放っておくとシミやそばかすの原因になってしまいます。

そのため、日焼けしたらすぐに化粧水で水分を与えた方が良いです。

瀬底島海水浴に行くならば化粧水が必至アイテムです。

シャンプー

海水浴が終わったら、シャワーを浴びますよね。

髪の毛をシャンプーで洗って塩水をきれいに落とさないと、髪の毛が痛む原因になります。

しかし海水浴場のシャンプーは、安物であまり髪の毛にとって良いものではありません。

髪の毛がギスギスする場合があります。

そのため、自分が気に入ったシャンプーがあった方が便利です。