Thursday, 25 February 2016

沖縄のお墓、沖縄の文化について

大阪府に住む29歳の女性です。

父親が沖縄生まれの沖縄育ちで、私は二世になります。

私は、大阪で生まれて育ちましたが、幼い頃の記憶で、今になってあれって沖縄の文化だったんだな、と思うことがいくつかあります。

例えば年末の年越し蕎麦は沖縄そばを食べていたし、家の中には沖縄の親戚から送られてきた食材がたくさんありました。

私が高校生頃からは父側の祖母が大阪にきて一緒に暮らすことになり、より沖縄の文化を取り入れた生活をしていたように思います。

祖母に沖縄の話を聞くのが大好きでした。

沖縄の文化は、とにかく驚くことばかりで、どこか外国の話を聞いている気さえしていました。

私は仕事柄台湾によく行くのですが、台湾の文化に似ていると感じることが多くあります。

祖母の話の中でも衝撃的だったのは沖縄の方のお墓まいりの話でした。

話を聞くだけでは、「それ本当?想像できないよ」と笑っていました。

しかし、私は沖縄のお墓まいりを体験することになるのです。

私が23歳の時に、おばあちゃんが亡くなったから。

身内の死が初めてで、お通夜お葬式とバタバタしていたせいで悲しみがやってきたのは何日もたった頃でした。

火葬して骨を持ち帰り、落ち着いたら沖縄に帰って納骨しようという話になりました。

沖縄に住む親戚に連絡をし、納骨の日取りを決めました。

その日の前日に飛行機で沖縄に行き、親戚の家で準備をしました。

沖縄のお墓まいりって変わってるんでしょう?いとこにそう尋ねましたが、普通だよ、と言われました。

そりゃあそうですよね。

当日、泊めてくれた親戚のおばさんが重箱やタッパに食べ物をたくさん詰めていました。

とにかく量が多いことに驚いて、どんな食べ物だったかあまり覚えていませんが、おせち料理みたいだった気がします。

お供え物にしては多いな、と思っていました。

お墓に着くと、祖母に聞いていた通りとても広いんです。

お墓が広いというと勘違いされる方が多いかもしれませんが、故人の墓石が置いてあるスペースが広いんです。

種類があるのかもしれませんが、うちのお墓は石でできていて腰の高さくらいの塀で囲まれていました。

10畳くらいあったと思います。

そこに、親戚みんなで入って、お参りしたあとに持ってきたご飯を食べるのです。

お墓でご飯!?ととにかく驚きました。

誰かがレジャーシートを持ってきていたのでそれに座って食べました。

人数も20名くらい集まっていました。

祖母に聞いた話では、ご先祖様にみんなが仲良く元気に暮らしている様子を見せているんだとか。

いろんな方が食べ物を持ってきていたのでちょっとした持ち寄りパーティーになっていました。

お墓と沖縄に関しての文化や習慣は、地域によって様々だと思いますが、あの衝撃はいまだに忘れられません。

Wednesday, 24 February 2016

今年のアクセは「さりげなく」&「小ぶりに」!

アクセサリーこそいっぱい買っちゃう!っていう男性は少ないと思いますが、やっぱりブレスレット&ネックレスは持ってるもんです。

そのアクセ、お気に入りなんだけどちょっとどこか古臭いかも…。

デザインだったりモチーフだったり。

これを機に新しいアクセに、チェンジしてみましょう。

今年は小ぶりでさりげなく。

これをテーマで!

さりげなくネックレス。

気づいてくれた人は特別な人

ごついアクセサリーを付けてた時もあったけど、今はもう大人しく小ぶりなものに。

そんな「わかってる」大人の真似、しちゃいましょう!モチーフは、星、月、クローバー、クロス、鳥、キノコetcと多彩ながら、悪目立ちしないさりげないデザイン。

それでいて、きちんと首元のアクセントになってくれます。

シルバーのモチーフはごく小さめに作られているので、VネックTシャツなどと合わせるとより存在感を感じられる大人の男ファッションに。

チェーンの長さも丁度いい!

2連チャームの重ね付け。

2wayでもOK!

ハートとクロスのチャームがついたネックレス。

ハートとクロスなんて、なんだか永遠の愛を感じちゃうデザインですが、ネックレスそのものはいたってシンプル。

そのまま2つ重ね付けして使えるし、別々にも使える2wayデザイン。

アクセサリーは大体シルバーかゴールドのバリエーションですが、このネックレスはブラックが仲間入り。

よりシックなアクセントになること間違いなし。

夏のコーデはシンプルになりがちなので、こういったアクセサリーでアクセントを付けるのが必須です。

パワーストーンとレザーブレスのマッチング!

民族系のアクセサリーに良く見られるパワーストーン。

シルバーのバングルやリングにはめ込まれ、存在感を感じさせますよね。

ではレザーに組み合わせたらどうなるか?答えはコレ。

ありそうでないデザインに完成!ノーマルなレザーブレスのワンランク上のデザインに。

石とレザーの相性はまさに完成系で、コーデの差しアイテムとして優秀なアイテムに仕上がっています。

ターコイズ調の石が輝くブラウン、マットな黒い石が主張するブラウン。

アナタはどっち?