Wednesday, 18 November 2015

今年のトレンドカラー「マルサラ」を挿し色でコーデしてみよう!

パントン色彩研究所が、カラー・オブ・ザ・イヤー2015が発表されました。

それによれば、来年の流行色は「マルサラ」という色です。

「マルサラ」とは、イタリア・シチリア島の港湾都市の名前で、「マルサラ」この町で製造されている赤ワインの名前で、色も赤ワインの色に、やや茶も入ったくすんだ色です。

この色が今年のトレンドからーです。

これを基礎に今年の「プチプラファッション」を考えてみましょう。

今年は、昨年から続いてデニムがトレンド! ただ、昨年と少しだけ違うのは、2015年のデニムスタイルは「レトロな雰囲気」となりそうです。

デニムパンツは、ずっと続いた細身でなくフレアが目立ちます。

そういう意味でも、70年代と似ていますね。

ただ、当時とちょっと違うのは、キレイめデニムという感じでしょうか。

70年代ではピッピーがジーンズをよく来ていましたけれど、その懐かしさを残しつつも、センターには折り目が入っていますし、ダメージ加工もなく大人女性が美しく着られるデニムです。

大胆なパッチワークが施されたフレアーたっぷりなデニムパンツ、デニムワンピは、凝った刺繍入りとかレースとかフェミニンさが強調されます。

デニムワンピなら組み合わせを考えることもなくトライしやすいですね。

デニムと相性の良いレザーやスエード素材をベルトやバッグ、靴などの小物に使うと、くだけきらずお洒落度を保てます。

この小物に先の「マルサワ」カラーを使用して、挿し色としてトレンドカラーを入れ込むのもいいですね。

また、春ですからスカーフにトレンドカラーを挿し色に使ってみましょう。

また、繊細な素材の要素を加えた「ミリタリー」もトレンドです。

力強いというより、あくまでも、シフォンドレスやレースっぽいスカートを合わせたフェミニンな雰囲気にします。

フェミニンな繊細さが今年のミリタリースタイルです。

オリーブ色をシルクやサテンで表現したり、ビーズなどと組み合わせたりします。

あと、プリント模様の明るめのスカートもトレンドです。

春先に、さっそく取り入れて春を楽しんでください。

スポーティーフェミニンもトレンドです。

着やすさを柱に、そこへお洒落という要素を残しました。

ミニワンピースでも、素材はジャージ仕立てとかです。

他にも、スカート、パンツ、トップスとかスウェット素材は多いようです。

「ギンガムチェック」も2015年春のトレンドの模様です。

2015年では、花柄を組み合わせたりする方法がトレンドです。

また、柄の大小で微妙な表現が楽しめます。

いろいろな小物に使ってもよさそうです。