Saturday, 11 April 2015

修理歴を見破るツールを用いている車査定

車の査定には、色々な基準があります。

その1つは修理の有無です。

その有無は、買取の金額に大きな影響があります。

基本的には、修理が行われていない車の方が金額が高くなる傾向がありますね。

例えばある車AとBを考えてみます。

どちらも全く同じ車種だとしましょう。

車Aに対しては、以前に修理が行われていたとします。

それに対して車Bの場合は、全く修理が行われていなかったとしましょう。

そして車Aの買い取り金額は24万円ですが、車Bの場合は35万円などの具合です。

このように買取金額に大きな影響があるので、車の買い取り業者としてもそれを重視している傾向があります。

お店によっては、過去に修理をしていた車の買取をお断りしている事もあります。

ところで車の査定士にとっては、それを見抜くかどうかが1つのポイントになります。

というのも車の査定では、修理を見抜くにはある程度のスキルが要求されるからです。

ある程度熟練している方でないと、なかなか修理歴を見抜くのが難しいと言われています。

このため最近の車の買い取り店では、それを見抜く為のツールを完備している事が非常に多いです。

特殊な機材を用いて、簡単に修理歴を見破れるようになっているのですね。

具体的にはスマートフォンのシステムを用いて、その歴を見抜く事ができます。

そのシステムを用いると、車の板金などの厚さを確認できるのです。

どこか1箇所の塗装が不自然に厚いような時には、「修理歴がある」と判断される事もしばしばあります。

ちなみにそのシステムを用いると、新人の査定士の方でも修理歴を見抜く事ができるのです。

最近は車ネット査定は、そのようなツールを用いている事が多いと言われています。

つまり車の買い取り会社に対しては、修理歴を偽る事はできない訳ですね。

たとえそれを偽っても、直ちにツールで見破られてしまうからです。

ですので車の査定を依頼する時には、修理歴などは正直に申告するべきでしょう。

Wednesday, 1 April 2015

ピアノの処分でお悩みの方へ

「グランド・ピアノ」という巨大で置く場所を選ぶものを平然と置いてあるような広さの部屋や家をお持ちというご家庭はそれほど多くはないとは思いますし、いざ処分するとなってもお金に関してはあまり拘らないという人も多いかもしれません。

しかし、なんらかの事情があってグランド・ピアノを相続したり、引き継いだりしたものの、弾くことがなくなってピアノの年齢だけが重なっていくという事態になっている方はいるのではないでしょうか。

また、ご家庭や狭いスペースでも配置することができる「アップライト・ピアノ」を所持しているものの、部屋の片隅で埃をかぶってしまっているということもあるかもしれません。

処分にはそれなりの金額がかかってしまうと思っていたり、まず何から手を付けていいのかわからず、なにより時間がなかったり面倒で処分できていないという方は、いらっしゃるはずです。

ピアノというのは「粗大ごみ」として地方自治体では扱われることが多いんですが、箪笥や食器棚などと同じく、とにかく大きくて重く、持ち運びが難しいというのが処分における最大のネックです。

アップライト・ピアノならまだしも、グランド・ピアノとなれば一人で運ぶことは不可能ですし、複数人をもってしても特殊な道具や準備が必要です。

それだけの手間がかかるので、処分料として数万円は軽くするのだろうと思われるかもしれませんが、ピアノ回収業者によっては無料、または買い取ってもらえる場合があるんです。

なぜ無料、または買取が可能なのかというと、手間賃や買取価格を含めても、回収して海外などで売り捌ければ業者には収入があるからです。

稼働するピアノはもちろん、壊れたピアノであってもピアノ引き取り業者が修理して売り捌くことができるので、業者には無料引き取りや買取をしても有益なのです。

家で眠ってしまっているピアノをそのまま眠らせておけば場所をとるだけですし、古くなっていくだけです。

ピアノを手放すことができればそのスペースを新たに活用できますし、なにより手放したピアノは遠い所で再度利用され、見知らぬ誰かの音楽への助けになるのです。

自分のためにもピアノのためにも、家にあるピアノを引き取ってもらうことを考えてみてはいかがでしょうか。